きものを美しく「保つ」。着られなくなったきものを「よみがえらせる」。 きものを着やすいように「工夫する」。 きものはほんの少し手をかけてあげることで、楽に長く楽しむことができます。 着付け教室では、きもののたたみ方や日頃の手入れまで学ぶことができます。 小糸伸輔の店はきもののあらゆる「困った!」を解決し、きもの美人のサポーターであり続けたいと 考えております。